理事長ごあいさつ

 平成31年4月1日付けで、文京槐の会理事長に就任いたしました。本会が基本としています、関係者、地域との密接な連携のもと、障害福祉サービスの向上に向けて微力ながら、全力で取り組んでまいります。引き続き皆様のご支援を賜りますようお願いいたします。

 さて、当法人は平成3年に、ここ大塚四丁目に本部を構えて以来、心身に障害のある方々の支援に取り組んでまいりました。この間のサービス提供の中で育んできた障害福祉のノウハウをさらに地域還元するために、平成27年には、小石川四丁目に新施設は~と・ピア2を開設し、文京総合福祉センターでは、社会福祉法人復生あせび会と共同で文京区障害者基幹相談支援センター事業を開始しました。これらの事業も5年目を迎え、今後さらに発展と充実が求められます。

当法人の事業活動の指針である「第三次中期展望」は令和2年度が最終年度となります。この間の進捗、社会情勢の変化を踏まえ改定、見直しが必要です。現状を的確に把握し、5年後を見据えた指針を作成していかなければなりません。引き続き、槐の会が皆様から選ばれる施設となるよう、職員及び役員一丸となって取り組んでまいります。

社会福祉法人 文京槐の会
理事長 辻政博